碧の麺

伝統と未来

Tradition & Future

伝承価値を訴求する沖縄・石垣の食文化である「八重山そば」に、地域産業資源である「クロレラ粉末」を配合すると どんなことになるのだろうという観点からのスタート。

「※1 クロロス(緑色をした)」と「※2 エラ(小さなもの)」という言葉を組み合わせて“クロレラ” と名づけられました。(※1 ギリシャ語、※2 ラテン語)

【 碧の麺 】
小麦粉100%で作る八重山そばに石垣島産クロレラを配合して完成した「碧の麺」は、クロレラのエキスが小麦粉の成分に働きかけ、 グルテンの形成強化とでんぷんのアルファー化により弾力性(コシ)が強くなり、均等な水分確保と保水性によりモチモチ感が増加しています。 ゆで加減によりいろいろな表情が見られるので、それぞれのシーンにマッチした利用が可能。
「碧の麺」独特のコシとモチモチ感はやさしいつるつるとしたのどごしと優れた栄養成分は、食す人の身も心も癒してくれることでしょう。






【石垣島産ヤエヤマクロレラ】

栄養価が高く昔から健康食品として利用されているクロレラ。八重山殖産㈱(石垣市白保)が培養する石垣島産ヤエヤマクロレラは、 屋外天然培養にこだわって高品質で良質な純国産種株を光合成で培養しており、ほかの種類のクロレラと比べて味わい深く、香りも高いのが特徴です。 クロレラを大量に培養する条件が整っているのは国内で石垣島しかなく、2012年12月に沖縄県の地域産業資源に指定されました。
国内で唯一、クロレラを野外で培養 八重山殖産(株) http://www.yaeyamachlorella.com

碧の麺

Tradition & Future

「名前の由来」

石垣島の象徴でもある七色に輝く碧い海 石垣島の豊かな自然に育まれた碧色(みどり色)のクロレラ  この二つの碧の永遠を願ってネーミングされました。

「特徴」

小麦粉100%で作る八重山そばに石垣島産クロレラを配合して完成した「碧の麺」は、クロレラのエキスが小麦粉の成分に働きかけ、 グルテンの形成強化とでんぷんのアルファー化により弾力性(コシ)が強くなり、均等な水分確保と保水性によりモチモチ感が増加しています。
ゆで加減によりいろいろな表情が見られるので、それぞれのシーンにマッチした利用が可能。 「碧の麺」独特のコシとモチモチ感はやさしいつるつるとしたのどごしと優れた栄養成分は、食す人の身も心も癒してくれることでしょう。

色々なシーン

various occacion





郷土愛と道のり

various occacion



近年、長寿の島とはおよそほどとおい沖縄の乱れた食生活と生活習慣病の増加の中、生活の一部としての八重山そばにクロレラを配合し 気軽に健康補助食品として食すとともに、健康への理解と食の関心を抱いて欲しいと一念発起。 みんなの健康的な笑顔がいつまでも続くよう願いながら、沖縄県内初の「クロレラ入り麺」を開発しました。

( 平成24年度 )
石垣島産業まつりに「クロレラ麺」を初出展、大変好評にて300食完売。 (平成24年度)
全国商工会連合会主催「全国むらおこし特産品コンテスト」出展商品。
現在、島内大手各ホテルやレストランでメニュー化し観光客を 中心に販売。
(平成24年度11月20日)

石垣島島内小中学校を中心に学校給食へメニュー化。


彩友美リゾート株式会社 代表取締役 黒島 孫昇


ご使用方法

how to cook

【 冷やし中華風・冷し麺風 】
麺を熱湯でお好みの硬さにゆで(3~4分)、冷水ですすぎ水をしっかりと切りお皿に盛ります。錦糸卵、きゅうり、トマト等のお好みのトッピングを盛り付け最後にスープを注ぎ出来上がり。


冷やし麺風

冷やし中華風

【 八重山そば風 】
熱湯で麺を4~5分ゆで湯切りをして器に入れ、沖縄そばだしスープを注ぎお好みの具材をのせたら出来上がり。


八重山そば風

2016年第3回沖縄大交易会に出展しました

2016年11月21日から22日に開催された、第3回沖縄大交易会に 出展しました。 国内や海外の方から多くの反響をいただきました。
ありがとうございました。 オフィシャルサイトはこちらから